美白は肌の保湿ケアーが大切

美白は肌の保湿ケアーが大切

人の肌の色は皮下に張り巡らされた、毛細血管の色と細胞組織内に存在してるメラニン生酵素チロシナーゼが、紫外線等の照射に因って活性化されて色素沈着したものです。人間の生物構造上、メラニンを老廃物として排出する為には、最も大切な事は健康的な基礎代謝が必要なため、バランスの良い食事、運動量が大切となりまた、毛穴・毛穴附近の老化角質・体内排出物を綺麗にしておく事が必要です。それは洗顔・洗体が最も大切でその部分の肌ケアーとして、化粧水・ローションなどによる保湿が大切なことです。

 

アルブチン・コウジ酸・ビタミンC誘導体・ルシノール・トラネキサム酸などが配合コスメにはメラニン生成の抑制効果が有ります。保湿成分はグリセリン・ソルビルト・トレハロース・オレス・ヒドロケシエチルセルロース・メチルパラペン・リン酸アスコビル・ヒアルロン酸・ロドデノール等が保湿効果をより促進させてくれます。

 

 

冬こそ美白ケア

わたしは通年美白ケアを欠かしませんが、特に力を入れているのがこの時期です。美白ケアというと夏のケアと考えがちですが紫外線の害が昔よりもはっきりとわかってきた昨今、夏だけでは不十分です。また春や夏よりも紫外線が少ないこの時期は美白ケアをやると結果が出やすい時期ともいえます。

 

なので毎日かかさず日焼止めを塗り、美白のサプリや美容液を使っています。今はシミなどはありませんがやはりできてしまってからよりもできないように予防することのほうが簡単なのでせっせと美白アイテムを使っています。あとは不要な角質を貯めないようにときどきスクラブケアをしたり肌の活力を上げるためにマッサージしたりしてなるべく先取りケアをしています。


このページの先頭へ戻る